沿革

2000年1月 会社設立 資本金(1,000万円)
代表取締役に中嶋吉男が就任
2000年1月 MIC研究会 社長の中嶋が会長に就任(医療IT化システムの研究開発)
(医師、看護師、大学教授、研究者 30名)特許出願6点
2000年5月 日本医師会、ORCAプロジェクト、推進活動開始
2001年7月 埼玉県医情報化研究会 社長の中嶋が総括責任者に就任
(埼玉県より予算化。医療ミス防止の研究)
2002年3月 日本医師会 日医IT認定サポート事業所(認定番号4022008)
2004年1月 早稲田大学リサーチパーク IOC本庄早稲田へ入居
2004年5月 早稲田大学大学院(中里研究室)ネットワーク管理、セキュリティ共同研究
2004年9月 NTT東日本、医療ソリューション事業部と業務提携
2005年7月 経済産業省、ベンチェー支援事業
CHIS(キャラクター活用)プロジェクト 社長の中嶋が総括責任者に就任
医療ミス防止システムの研究開発 特許出願点
2005年10月 第三者割当による増資 資本金(7,700万円)、資本準備金(5,080万円)
2006年1月 カスタムサポートセンター開設
2007年4月 病院向けオーダリング・電子カルテの販売開始
2007年8月 プライバシーマーク取得(認定番号A822508-01)
2008年7月 高度管理医療機器販売業賃貸業の許可取得
2009年1月 本社を児玉群上里町へ移転
2009年5月 第三者割当による増資 資本金(8,375万円)、資本準備金(5,755万円)
2010年4月 【MUCS】画像連携システム事業開始
2010年4月 病院向け画像ファイリング(PACS)の販売開始
2010年7月 レセプト点検サービス事業(レセ楽net)のサービス開始
2010年12月 【MUCS】地域医療連携システム事業開始
2011年5月 ソフトバンクテレコム株式会社との業務提携により医療クラウドサービス開始
2011年7月 医療クラウドを活用した外部保存サービス開始
2011年11月 TDI(情報技術開発株式会社)との業務提携により、医療ソリューションの全国展開を開始